ルフマラソンは、企画・運営:「晴れ倶楽部」で行っております。

 

4日間トーナメントを一日でやってしまう!
そんな驚愕の計画を19年間実行しているのが、この「ゴルフ マラソン」だ。
スタートは朝(夜中??)の3時半過ぎ、それから延々14時間から15時間にわたりゴルフをやり続ける。とはいえ、この大会では乗用カートがコース内に入れるので、体力的に何とかなるはず。問題は「健康と集中力」だ。その証拠にこの大会スタート以来すべて参加しているMさんはなんと今年82歳になる。すべてのGolfaholic達の代表選手と言える。
ゴルフが好きで好きでたまらない人、大集合!! 
自分の「ゴルフ好き」の度合いを体全体でしっかりと試してみてください。
北海道の大地をカートで走り回って、朝から晩までゴルフをとことん楽しむ、世界で唯一の爽快な企画「ゴルフ マラソン」、是非お仲間を誘ってご参加ください。
北海道でお待ちしています。
  ・参加のしおり ・組み合せ表 ・バス乗り場の案内 ・成績表 

第19回ゴルフマラソン結果報告

第19回ゴルフマラソンは、「今までで最高のコンディション」と多くの参加者から絶賛されるほどで、「朝の冷え込みが弱い」
「スタート18ホールの朝露がさほどでない」「日中は北海道の爽やかさに日差しも加わって快適」と、言うことのない一日
だった。
早朝の霧も出ずに3時47分に一斉スタート、それから延々72ホールのゴルフに挑戦する。
一番早い組で12時間10分、最後に上がってきた組が15時間37分、見事全員完走だ。


優勝は、初参加のハマダリョウヘイさん、いずみかわ79・リバー79・ウッド94・タワー89と波のあるスコアがハイスコアの
割にハンディを呼び込み、ネット249.8ストロークと堂々の優勝だ。
それにしてもベストグロスに輝いたカタオカタカシさんのハンディはなんと9.6、最高にハンディが付いた人で134.2だから
その差の凄さには目を 見張る。

このゴルフマラソンは来年のオリンピックイヤーにいよいよ当初からの目標であった第20回を実現します。
主催する側としても夢のような話ですが、ここまで皆勤賞の最高齢83歳の見澤さんを始め、多くのリピート参加者に方々に支えられてここまで来られたと心から心から感謝しています。

来年は、力を込めて第20回の節目の大会を開催したいと思っています。多くの方々の参加をお待ちしております。
2020年6月、北海道のルスツで皆さんとお会いするのを楽しみにしています。



晴れ倶楽部は「安心」で「楽しい」ゴルフライフを提供します。