ルフマラソンは、企画・運営:「晴れ倶楽部」で行っております。

 

初夏の北海道の大自然の中、今年も1日4ラウンドプレーが可能な「ルスツリゾートゴルフ72」での開催です。持っているゴルフ技術を最大限に駆使し、名のある設計家の72ホールすべてを制覇していただきます。4日間トーナメントを一日でやってしまう達成感は格別です。
ウエスティンホテルとなって年々人気の出てきているルスツリゾート。例年6月の最終週に実施してきましたが、海外からのお客様が増える時期だということから、皆様のより高い満足度を求めるために2週早い6月10日〜12日の日程となりました。
また、最近は皆様マイルを利用したり、早めに個人で飛行機をネットでご予約されたりする方が多くなっているため、今回から現地集合・解散という形だけにさせていただきました。それぞれ自由なプランで北海道をお楽しみいただけたらと思っています。
「早朝から夕方までとにかくゴルフのみ!」ゴルフ漬けの1日を是非お楽しみください!
・参加のしおり ・組み合せ表 ・バス乗り場の案内 ・成績表

第18回ゴルフマラソン結果報告

雨予報の中、第18回ゴルフマラソンは日の出予定時刻の数分前3:47に曇り空の下一斉スタートした。気温7度だ。
それから延々13時間、ゴルフ・ゴルフ・ゴルフ・ゴルフという凄い時間が続く。トップは16時07分、ラストは18:49に見事ホールアウト。日没前に全員ホールアウトというのは、この大会初の記録だ。これも恐らく「午後から雨」予報のお陰かもしれない。時間が遅くなればなるほど雨の確率が高くなるという情報を知り、何とか雨に当たるホール数を減らしたいとみんなかなり頑張ったのだろう。結局誰もほとんど雨に当たることなく大会は終了した。
成績は、ハンディ110.4と恵まれネット258.6でスナハタ エイイチさんが大会優勝を飾った。グロスは291ストロークで2位に26打差を付け圧倒的な強さでカタオカ タカシさんが優勝した。
女性2名が今回このゴルフマラソンに初挑戦してくれた。そのうちの一人のサワイさんは、常連のカタオカ エリコさんにグロスで2打差に迫る353ストロークという見事なスコアを記録した。

本大会のレジェンドのミサワさん、もうすぐ83歳という年齢にも関わらず大健闘、最初の3コースはいずれも100前後だったが、最後のタワーコースで奮起してなんと89ストロークという素晴らしいスコアをたたき出した。疲れをものともしない流石のゴルフだ。彼はホノルルマラソンも歩いて時間内に完走しているというし、群馬100キロウォークにも出場している強者だ。
翌日はうって変わって朝から大雨、さすがのゴルフ狂たちもこれではお手上げだろうと思ったが、何とタケウチ夫妻だけは「罰ゲームです」と言って、その強い雨の中コースに出て行った。本当に頭が下がります。
では、また次回皆様にお会いできるのを楽しみにしています。


晴れ倶楽部は「安心」で「楽しい」ゴルフライフを提供します。